かえる庵

霧下蕎麦を10割使用した手打ちそば|奈良県奈良市下三条町 JR奈良駅近く かえる庵

HOME»  お品書き

お品書き

蕎麦 (全て十割蕎麦です)

蕎麦 (全て十割蕎麦です)

 

もりそば 900円
もりそば(大) 1,300円
(温)もりそば 1.000円
釜揚そば 1.000円

 

その他お食事

十五穀がゆ 500円
柿の葉寿司 150円
山菜いなり 100円

 

大和の地酒 (半合からでも承ります)

純米大吟醸 (週替わり 一合)900円
純米吟醸 (週替わり 一合)700円
純米酒 (週替わり 一合)550円
純米酒 油長酒造 「風の森」 (一合)550円
純米酒 芳村酒造 「僧坊の酒」 (一合)550円
本醸造 (丁歳・大台町 一合)450円

 

大和の地酒 (半合からでも承ります)

 

大和の地酒 (半合からでも承ります)

 

大和の地酒 (半合からでも承ります)

        僧坊の酒
  精米歩合 95%

 

大和の地酒 (半合からでも承ります)

 

大和の地酒 (半合からでも承ります)

 

大和の地酒 (半合からでも承ります)

         

 

その他お品書き

ビール (中ビン)450円
蕎麦焼酎 (一合)500円
酒の肴 (各種)300円

 

蕎麦の効能について

■栄養素 そばには
たんぱく質 生命の維持に欠かすことのできない重要な栄養素であるタンパク質を、穀類の中で最も多く含んでいるのがそばです!
タンパク質が分解してできるのがアミノ酸で、そのアミノ酸の中で、私達のからだに必要な必須アミノ酸が8種類あります。
この必須アミノ酸の含有量を示すのが「タンパク価」という数値で食物の栄養価を表します。
その数値は、乳:100%、そば:90%、白米:76%、麦:47%と、そばは小麦の倍近くの数値です!
ただし、そばに含まれるタンパク質の大半は水溶性であり、蕎麦湯の中にも溶け出してしまうため、蕎麦湯を飲むとより効果的なわけです。
ルチン 穀類の中で、唯一蕎麦のみがルチンを多く含んでいます。ルチンには体内の毛細血管を強く弾力性豊かに保つ作用があります。
昔から「蕎麦湯は高血圧によい」といわれるのはルチンで強化される血管壁が血流を良くし、血圧が安定するからです。
同じ理由で、脳内の毛細血管が破裂しておこる脳卒中を防ぐ効果も期待できます。
欧米では、ルチンは血管強化剤として認可され20~25mgの錠剤で売られています。一日の摂取量は20mgが目安です。
茹で上げたそば100mgには約10mgのルチンが含まれていますから、そば一人前約200gを毎日1回食べれば十分なのです。
また、ルチンはビタミンCと一緒に摂取するとさらに血管強化作用が高まります。
蕎麦の薬味のネギ・ワサビ・大根おろしなどはビタミンCが豊富で理想的な取り合わせです。
パントテン酸 パントテン酸は、糖、脂、たんぱく質の代謝を促進するため、疲労回復や炎症を和らげる働きがあります。
白米の4倍ものパントテン酸が、蕎麦には含まれています。
リジン 必須アミノ酸の一つで、肝細胞の新陳代謝を良好に保ちます。
メチオニン 必須アミノ酸の一つで、コリンの合成にも利用されるため脂肪肝を防ぐ効果に寄与します。
コリン 水溶性ビタミンの一つで、肝臓に沈着した脂肪を分解して血中へ送る働きをします。
ナイアシン 酒の飲みすぎなどで胃腸が荒れるのを防ぎます。皮膚の活性化にも効果を発揮します。
ビタミンB1 脳の中枢神経や、手足の末梢神経を正常に保つ効果があります。
ビタミンB2 肝臓での脂質、タンパク質処理に関係する酵素の働きを助けます。美肌には欠かせないビタミンです!